家造りの流れ

1. お問い合わせ・ご相談・各種見学会
お問い合わせ・ご相談いただいた内容に丁寧にお答えいたします。家造りは初めてで不安だらけの方でもご安心いただけるようになんでもお気軽にご相談ください。
2. ヒアリング
お客様の家族構成や趣味・ご希望のライフスタイルをお伺いし、お客様の視点から大満足いただける提案をさせていただきます。
3. 資金計画
家造りで重要なポイントの一つでもあります。我が家を手に入れても資金計画が出来ずに泣く泣く手放してしまっては元も子もありません。将来的に無理のない資金計画と工事代金のつなぎ資金なども考慮したご提案をいたします。
4. 土地探し
代表取締役の鎌田はじめ、スタッフは元職人ですので「自分の目で見て確かめる」ことに徹底的にこだわっております。お客様が将来住まわれる土地も周囲の環境や災害、また価格など様々な角度からアドバイスをさせていただきます。
5. 提案プラン・お見積り
ライフスタイルに合わせた間取り・プランを作成し、ご要望金額に合わせた仕様でお見積りを作成。

(この段階までは無料となります)

6. 設計
建築基準法に合わせた設計プランニングから有料となります(10万円)。お客様と二人三脚で基礎設計を行い、そこから基本的な仕上げや仕様を決定していきます。
7. 工事請負契約
建築基準法の設計に基づいて作成した図面と仕様を決定した工事見積書を確認の上、お客様の承諾をもって工事請負契約とします。
8. 確認申請
作成した図面が建築基準法に則って作成されたものかを審査します。
9. 地盤調査・地盤改良
お選びいただいた土地の地盤を調査し、脆弱な部分に適切な地盤改良の処置を行います。
10. 基礎工事・配筋検査
基礎が地中に埋設される部分の土を撤去し、配筋・コンクリートを打設して基礎をつくりあげていきます。基礎立ち上りの配筋の段階で検査機関の配筋検査を行います。
11. 土台引き
土台にあらかじめ防蟻材「エコパウダー」をくまなく塗布しておきます。その後、基礎の上部に土台を引き断熱材を間に入れていきます。
12. 上棟
大工さんの大仕事の一つである上棟です。およそ7~10人程度の大工さんが集まり、手際よく組み上げていきます。家造りの一大イベントの一つです。
13. 工事期間
上棟~中間検査までの間は外壁の耐力面材やサッシ、屋根の防水、ベランダ防水などをすすめていきます。
14. 中間検査
検査では確認申請の図面通りに構造に関する金物や、壁の耐力面材・筋交(地震に対する強度)が施工されているかを検査機関が検査します。
15. 工事期間
中間検査~完了までの間はみるみるうちに住宅の内外が化粧されていきます。 実際に出来上がった空間を元にお客様と照明やコンセントの位置、造作家具などの再確認を行っていきます。
16. 完了検査
最後に換気計画や防火関係の施工、確認申請図面との整合性の確認を検査機関が検査します。
17. お引渡し
最後にお客様に全て使用のご説明をし、確認していただきます。完了の後、工事キーを破棄し本キーの確認をしていただきます。ここで工事中に使用していた鍵は使用できなくなり、正式にお客様にお引渡しとなります。