諸費用って何?知らないでは済まされない住宅費用のヒント|家づくりブログ

諸費用って何?知らないでは済まされない住宅費用のヒント|家づくりブログ
はい。こんばんは。

シリーズ化してきました。住宅費用の得する情報をお届けしております。

さて、住宅を建てる際には、家の本体工事や別途工事以外にもかかるいろいろな出費、『諸費用』があります。
注文住宅を建てる場合、諸費用は家づくりの総コストのうち、10%程度が目安と言われます。
つまり、2500万円の家を建てるのであれば諸費用を250万円程度は用意しておく必要があるということです。
最近は諸費用も含めてお金を貸してくれる住宅ローンや、諸費用専用のローンもありますが、住宅ローンに比べて金利が高めだったり、返済負担が増えたりするので、諸費用はできるだけ手持ちの資金から出すのが望ましいと言えます。

とはいえ、金額が大きいので、なにがいくらくらいかかるのか事前に確認し、資金の手当てをしておきましょう。

【諸費用としてかかる主なコスト】

・地盤調査費

・仲介手数料

・事務手数料

・保証料

・火災保険料

・印紙代

・祭事費用

・引越し費用

・解体費用

・仮住まい費用

《ここがポイント》

①諸費用は家づくりの10%が目安
②建て替えの場合は、解体工事費用が発生するなど、家づくりの事情により違ってきます。
それでは今日はこの辺で。