木のはなし

みなさんおはようございます。

本日のお題は「木の板張り耐久性は?」と題してご紹介いたします。

私どもは自然素材を使用した家造りをメインに行なっております。

その為外壁におきましても、無垢材や漆喰の外壁が多くなっております。

木の話ですが、年輪の芯に近いほど赤みが多く、中心を「芯持ち材」と呼び硬く強度があり柱や梁、又外壁材に適しています。一方周りの白い部分は「辺材」と呼び、主に床板などの内装仕上げ材に適しています。
その為使用する外壁の寸法に合わせて丸太のサイズを決めるのです。

丸太サイズは末口8寸とか末口1尺とか言い決めています。
このように発注している為赤身の割合が多くできるのです。

次に大切なのは乾燥です。

この製材所では日本全国でも数カ所しかないバイオ乾燥機があります。

木の状態や目的に合わせて高温乾燥やバイオ乾燥などを選ぶ事が出来ます。

こちらが貴重なバイオ乾燥庫
因みに丸太の末口でサイズを選んだり乾燥の種類を選べる製材所自体全国にそうはありませんが、

そこまで指定して発注する会社はもっと無いそうです。
この日は発注していた外壁材の乾燥が終わった為、いつものように材料を引き取りに行ってきました。

赤身を中心に木取った材の乾燥が終了。

木取り方、乾燥、防腐処理をしております。
その他にも通気や調湿など工法でも工夫を凝らしている為、木の耐久性は一般のものに比べかなり高いと言えるでしょう。