横浜 リノベーション | 店舗工事

こんばんは。現場紹介です。本日は前回に引き続き、墨出しを行ってまいります。

建物の内装工事を行う上で最も重要な部分になるこの墨出し。これを間違うと全てが歪んで見えたり、完成してみるととんでもないものになってしまいます。

まず建物のスケルトン部分の歪みを考慮しながら、全ての基準となる墨(線)を出していきます。

この基準線さえしっかりと決まってしまえば、あとはこの線から寸法で図面の通りに追いかけて行くことができます。

この基準線で全てが決まると言っても過言ではないほどに大切な部分です。

基準線を決め、図面に沿って墨を出していきます。

今画像ではこの線を出すための『墨つぼ』と言う道具を使用しています。

スポンジに墨汁を湿らせ、その中を糸が通り墨汁に濡れた糸を伸ばし、ピンと張り詰めてから弾くことで墨汁で真っ直ぐな線を出すことができます。

このようにして、間仕切り壁などの線を基準線から寸法で測りながら印を付け、印と印を墨つぼで結んでいきます。

本日は無事に全ての墨出しをすることができました。

さぁ、明日からいよいよ下地造りです。次回もお楽しみにお待ちください。