健康になる家造り

みなさんおはようございます。昨日は現在新築を建築中のS様とご一緒に、内装の仕上げ材に使う宮古島のサンゴの化石から作る健康塗り壁「キララ」を作るメーカーさん「日本夢ファクトリー」さんへ、体感や見学&美味しい鰻を食べるために行ってまいりました。
目的の一つに「鰻を食べる」が含まれている為 “腹が減っては戦はできず” ですからまずはしっかりと腹ごしらえ。

と言う事で静岡といえば鰻一本焼きの石橋さんへ行って来ました。

石橋といえばこれです。

鰻一本余すところなく使う為、頭つきの蒲焼、骨せんべい、肝吸いと充実。

骨せんパリパリ。

ご飯のうつわに盛り付けるとこの通り。

感想は皮パリパリでとても美味しゅうございました。

食事が終わり日本夢ファクトリーに到着。

柴田社長がお出迎え頂き、まずは記念撮影

この日本夢ファクトリーの柴田社長は私と同じ元大工職人。

年齢的にはどちらかと言うと父に近い大先輩です。

職人時代に自ら新建材に含まれる化学物質による健康被害を痛感され

健康に良く無いものを分かっていながら、「お客様に提供することは出来ない」との思いで健康を考えた塗り壁材を開発した、“超こだわり人間”なのです。

しっかりとした信念を元に仕事をされている事に、私自身強く共感し、今では仕事を超えたお付き合いをさせて頂いている社長さんです。
応接室に入りくつろぎながら空気質が体に与える影響や化石サンゴで作る塗り材の話はとても興味深いものばかりでした。

この化石サンゴが原料です。
調湿効果があると言われているビニールクロスとの調湿実験をしている巨大ビーカーは既に歴然とした差が出ています。
そして次にはいよいよ体感ルーム。

約3畳ほどの隣り合わせにある2つの部屋で片方は健康塗り壁、片方はクロスの部屋です。

どちらもエアコンなしです。さっそくクロスの部屋に入ると良くあるマンションの室内のようで室温は35、5℃。これに対し健康塗り壁は33、9℃でした温度差では1、6℃だけですが入った瞬間に奥様が「涼しい」と口にしました。

また「匂いも空気の質も違もちがいますね〜」と

奥様に健康塗り壁の部屋が100点とした場合クロスの部屋は何点ですか?

と尋ねると点つける要素がなく0点だそうでした。

こうして比べてしまうとその差は歴然でした。

家を建てる際に自然素材にこだわっていたものの、内装の違いでここまで違うとは本当に驚きました。と感想を述べられていました。
次は家造りにおいてDIYにて楽しみながら家族で一生の思い出づくりもいいものです。そこで塗り壁DIYに挑戦です。
パパやママや子供達もみんな上手。

これなら是非自分たちでもやりたいと自信もついちゃいました。
こうして楽しみながらの充実した秋の1日でした。
それではまた。