リビングはテレビ部屋になっていませんか?|テレビが家族の会話を無くす。|リビングの使い方ヒント集|家づくりブログ

はい。こんばんは。
便利になった現代社会ではある程度、生活の機能を外で代用することができてしまいます。

レストランや健康ランドを上手く使えば、食事やお風呂は済ませらてしまいます。

しかし、どうしても代用できないものもあります。『家族団らん』です。

  
家づくりで一番始めに考えて欲しいのは、家族団らんのあり方です。
そして他の部屋との関係性をふまえた、スペースづくりが大切になります。

  

『リビング』のイメージといえば、南側の一番広い部屋で、大型テレビとソファがある‥という感じでしょうか。

まずは、いったんその固定概念を壊しましょう。そして自分達が日常的に行う、くつろぎのスタイルや時間を振り返ってみましょう。

それは、どんな様子でしょうか?

リビングが単なるテレビ部屋になっていませんか?
テレビが中心にあるリビングでは、常に無意識にテレビが付いていて会話が生まれづらいのではないでしょうか。

そこで、テレビなしでも家族を引き寄せるしかけを考えてみるのはいかがでしょうか。

  

共有の机がリビングにあると、勉強やパソコンなどをしながら、家族と一緒にいられます。

  

遊び心のあるハシゴやボルダリングで子供の居場所をつくる。

  

ダイニング中心のリビングにする。

いかがでしょうか。ちなみにリビングで勉強する子は東大に受かる確立が高いとか、風のうわさで聞いたことも。

テレビより家族団らん。

今の時間を大切に。
   
 

それでは今日はこの辺で。