《現場進捗》カバードポーチの造り方|葉山サーファーズハウスM様邸

はい、皆様こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。
今日は、葉山サーファーズハウスM様邸でのカバードポーチの工事進捗です。


御庭のグリーン達の経過を見るのも楽しみになってきました。


なんだか、雨が降りそうな天気でしたが、ギリギリ撮影ができました。
こちらは、カバードポーチの屋根の内側に使う部材です。(屋根の材料は別でかぶせます。)ホワイトに塗装してありますが、こちらペンキではなく、自然素材の塗料を使用しました。


屋根の端の角度に合わせて、隙間が出ないように一枚一枚その場で細かな加工をして張っていきます。


無垢の板を使用していると、たまにこのような「割れ」があります。板の真ん中のヒビ割れみたいな状態です。

このような開きは、道具を使って板を寄せつけて隙間を塞ぎます。

丁寧に隙間を埋める事で天井の空間が気持ち良くなります。根気良く、コツコツと進める事が大事です。明日からは全体の張り始めです。


大工さんと ワンちゃん カメラでパチリ。

実は優しいお施主様がお菓子でワンちゃんを誘惑しているのでした。DOGって本当に素敵な家族ですね。

今日も最高の幸せをお施主様からいただきました。

それでは今日はこの辺で。

crono