《現場取材》トレーラーハウスは部屋として実用的に使えるのか?!リアルな声をレポート

はい、皆様こんにちは。
梅雨入りしたみたいですが、まだまだ晴れた日が続いていて嬉しい限りです。
さて、今日は《トレーラーハウスは部屋として使えるか》を紹介していきます。

人はなぜ、トレーラーハウスに住みたいのか、、、それは旅を愛する男の浪漫であり、永遠のテーマ、、だから、??

私の場合、毎日冒険気分を味ったり、単純にトレーラーハウスやキャンピングカーの空間が落ちついてしまいます。

「居るだけで楽しい」みたいな空間が好きだからです。

もちろん、家族が居てきちんと生活する事ができるのか?という問題もあるかと思います。
これに関しての答えは、

《できません》即答でございます。

愛する家族に迷惑をかけずに、こっそりと秘密基地を持ちたい方は、ゆるりとお付き合いください。

さて、そんなこんなで、先ずはトレーラーハウスの住環境はどんな物かを紹介してみましょう。私なりにも不安要素が沢山あったので、自身が質問した内容をザックリまとめてみました。

今回は、某所にトレーラーハウス村を作ってしまった友人のGさんに協力いただきました。


着いた先はハワイのノースあたりの田舎な雰囲気を醸し出していて良い感じです。200坪以上の敷地をデザインしています。
それでは、質問の内容を紹介します。
Q 電気やガスはどんな感じなの?
A 電気は電線を引いて安定共有されています。ガスは、プロパンガスになります。どちらも通常の家庭と一緒で翌月に使用料の明細がポストインされます。
Q トイレの汚水は大丈夫?
A トイレは水道工事を済ませています。綺麗な水道水と、下水道処理もバッチリです。
Q 収納は広いの?
A トレーラーハウスは、一カ月間キャンピングカーで生活するなどのクレイジーな環境でも活躍できるような収納があります。ロングのサーフボードも入ってしまいます。
Q エアコンは大丈夫?暑くないの?
A アメリカンなエアコンは日本と違い、エアコン効き過ぎレベルです。ですから、日本の電化製品のエアコンを部屋に付けました。除湿機もあったので、室内環境良好です。冷蔵庫もキンキンでビールは激ウマです。


と、まあ、、質問をすればするほどに、諦めなければいけない理由がなくなってしまい、、トレーラーハウスを基地にするまでの道のりを考えてしまうのでした。

ちなみにGさんのトレーラーハウスは2年先まで予約待ちで満室です。

「都内で忙しく生活していると、逃げたくなるような事もあります。私は定期的にここに来て心を充電する事で仕事も捗るようになりました。サーフィンが今の自分の中心です。」と、話すGさん。

「ほとんどの方は、週末に仲間や家族と楽しむために利用されています。波の話をしたり、プライベートも守りながら適度なコミニュケーションもとれていますよ。」とも、話をしてくれました。

なかなか、一歩手を出しづらいアイテムかもしれませんが、一方ではそのアイテムを既に手に入れて生活を豊かにしている人達に触れ合う事ができました。

g